更新:2018.6.28 作成:2018.6.22

飲むバラで加齢臭は消えるの?口臭の正しいケア方法

加齢臭はいつの間にかニオイがするようになり自分ではなかなか気づきませんが、早めに何らかの対策をしなければあなたも気が付かないうちに周りに迷惑をかけているかもしれません。年を重ねるとだんだん気になる加齢臭の仕組みと飲むバラを使用した正しい口臭ケア方法も一緒にご紹介します!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
❤︎ お気に入り
目次
  1. 加齢臭の原因とは
  2. 飲むバラで体内から口臭ケア
  3. 加齢臭はどう防ぐ?
  4. 飲むバラはどこで買える?
  5. 飲むバラは加齢臭にも効果あり!

最近流行っている口臭ケアといえば、”NO-MU-BA-RA”(ノムバラ)ではないでしょうか。

飲むバラは名前のとおりバラを使った飲み物なのですが、バラの中でも最高級のダマスクローズを100%配合したローズウォーターです。

濃縮されたローズウォーターは水以外にも紅茶やシャンパンなど好きな飲み物にいれて楽しむことができると人気です。

口臭・体臭で気になるものの一つが加齢臭ではないでしょうか?実はバラの成分は体臭と口臭に抜群の効果があります。

加齢臭はいつの間にかニオイがするようになり自分ではなかなか気づきませんが、早めに何らかの対策をしなければあなたも気が付かないうちに周りに迷惑をかけているかもしれません。

年を重ねるとだんだん気になる加齢臭の仕組みと飲むバラを使用した正しい口臭ケア方法も一緒にご紹介します!

加齢臭の原因とは

油臭い独特の加齢臭の原因は「ノネナール」という成分が原因です。この成分は、脂肪酸と過酸化脂肪酸が結びつくことで発生します。

若いころは、酸化を抑制できますが、年を取ると抑制力が弱くなり加齢臭を発生させてしまいます。さらに、生活習慣の中にも加齢臭を強くする原因がいくつかあります。

肉中心の生活

加齢臭の原因であるノネナールを発生させる元となる脂肪酸や過酸化脂肪酸は、体の中で活性酸素が発生する時にできることが分かっています。

動物性脂肪からなる肉類を多く食べることで体が酸化し、大量の活性酸素が発生させます。活性酸素が発生することにより加齢臭がより強い臭いになってしまいます。臭いの原因は動物性脂肪酸にあります。

ストレス

ストレスを抱えることも臭いの原因です。人はストレスを感じると、ストレスから体を守るために副腎皮質ホルモンという物質を分泌しますが、その時に活性酸素が発生するため、ストレスを受け続けると加齢臭の原因になります。

ストレスと一口に言っても様々な種類がありますよね。仕事での人間関係や緊張といった社会的なストレス以外にも騒音や気温などの外的ストレスや睡眠不足や食べ過ぎ、不規則な生活といった内的ストレスもあります。

アルコール

活性酸素が発生する要因は他にもあります。人はアルコールを飲むと肝臓で分解される時に一緒に活性酸素を発生させます。そのため大量にお酒を飲むことも加齢臭を発生させる原因になります。
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
KEYWORD

この記事に関連するキーワード

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事

おすすめ

編集部のおすすめ