更新:2018.6.28 作成:2018.6.26

飲むバラの持続時間はどれくらい?効果的な飲み方とは

口臭ケア商品というとサプリやタブレットが多いですが、飲むバラは液体タイプの新しい口臭ケア商品です。飲むことでバラの効果が香るということで人気ですが、そんな飲むバラの口臭の消臭効果は、一体どれくらい持続するのでしょうか。飲むバラの持続時間と効果的な飲み方についてご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
❤︎ お気に入り
目次
  1. 飲むバラの効果持続時間
  2. 飲むバラの正しい飲み方
  3. 口臭の原因と対策
  4. 飲むバラとは
  5. 効果を持続させるには正しい飲み方を

女優さんやモデルさんはいい商品をたくさん知っているので実際に愛用している商品って気になりますよね。最近ではインスタなどで使っている商品を紹介している人も多く、人気の商品の情報をすぐに見つけることができます。

芸能人が愛用している消臭商品でよく紹介されている"NO-MU-BA-RA"(ノムバラ)をあなたは知っていますか?

飲むバラは飲み物にまぜて飲むだけでバラの香りで消臭効果のあるローズウォーターです。バラの香りがするというとセレブでおしゃれな飲み物のイメージですが、人気なのは口臭に効果が高いからです。

そんな飲むバラの口臭の消臭効果は、一体どれくらい持続するのでしょうか。飲むバラの持続時間と効果的な飲み方についてご紹介します。

 

飲むバラの効果持続時間

飲むバラの口臭の消臭効果は2~3時間が目安です。他のタブレットミントのような消臭商品より効果が長く持続します。飲むバラはどのようにして口臭を消しているのでしょうか。

飲むバラの消臭効果

バラのエキスの中にはバラポリフェノールという成分が入っています。この成分は抗酸化作用・殺菌消臭作用があり、口臭の原因となる悪臭を消す成分があります。飲むバラは、強い香料で口臭をごまかすのではなく、ニオイの元を消す働きがあるのです。

また、抗酸化作用に優れているので体の酸化を防ぐ効果もあります。加齢もニオイの原因になりますので抗酸化作用のアンチエイジング効果も長い目で見た消臭対策と言えます

飲むバラには口の中でさわやかなバラの香りが広がる芳香効果とニオイの元を抑える消臭効果の2つの効果があるので口臭対策として効果が高い商品です。

飲むバラの消臭効果

日本歯科保存学会により飲むバラの消臭効果について実験された結果があります。

口臭の原因であるp.ジンジバルス菌とF.アンクリータム菌から取った硫化水素とメチルカプタンに飲むバラを加えたところ、2時間後には硫化水素はほぼなくなり、メチルカプタンは半分に減少しました。飲むバラの消臭殺菌効果は実験によってちゃんと裏付けされています。

 

飲むバラの正しい飲み方

この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
KEYWORD

この記事に関連するキーワード

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事

おすすめ

編集部のおすすめ